絹の道‎

絹の道の説明

絹の道とは、幕末から明治中ごろまでの間、横浜に輸出用生糸を運ぶために利用された道です。
御殿橋のたもとから大塚山公園にある碑までの約1.5キロメートルが市史跡に指定されています。
途中には絹の道の歴史を紹介した「絹の道資料館」があります。


ジャンル【名所・旧跡絹の道の地図

絹の道‎の利用情報

■所在地 東京都八王子市鑓水
■営業時間 -
■休日 -
■料金 無料
■電話番号 -

絹の道へのアクセス

JRまたは京王線橋本駅から「南大沢駅(多摩美大前・上柚木経由)」行きバス「絹の道入口」下車徒歩約5分
京王線南大沢駅から「橋本駅(上柚木経由)」行きバス「絹の道入口」下車徒歩約5分

グルメやレジャーアトラクション別