即清寺

即清寺の説明

即清寺とは、建久年間(1190~1199年)に畠山重忠が源頼朝の命を受けて造営した真言宗の名刹。
寺名は畠山重忠の戒名「勇讃即清居士」にちなんでいます。
寺域は市の史跡に指定され、本堂の前にある十三仏結衆板碑は史料的に重要なもの。
境内から愛宕山山頂にかけて山内新四国八十八ヶ所霊場として八十八の石碑が建っています。


ジャンル【神社・寺即清寺の地図

即清寺の利用情報

■所在地 東京都青梅市柚木町1-4-1
■営業時間 -
■休日 -
■料金 -
■電話番号 0428-76-0454

即清寺へのアクセス

JR青梅線 石神前駅下車 徒歩15分
青梅駅下車~都営バス「吉野行」即清寺下車

グルメやレジャーアトラクション別