正受院

正受院の説明

正受院とは、浄土宗の寺院で文禄3年(1594年)創建、正式名は明了山正受院願光寺。
境内にある奪衣婆尊は、「綿のお婆さん」の名で親しまれており、子どもの咳封じ、蟲封じなどの霊験で有名。
毎年2月8日には針供養が執り行われます。
また、太平洋戦争後アメリカから返還された梵鐘は「平和の鐘」と呼ばれており、
大晦日の除夜の鐘は人気を集めています。

ジャンル【神社・寺

正受院の利用情報

●所在地 東京都新宿区新宿2-15-20
●営業時間 -
●休日 -
●料金 無料
●電話番号 03-3341-1416

正受院へのアクセス

地下鉄丸ノ内線 新宿御苑前駅より徒歩5分 地下鉄丸ノ内線・都営新宿線 新宿三丁目駅より徒歩5分

グルメやレジャーアトラクション別